« 鈴木みのるオカダカズチカ和田京平。観た | トップページ | 細かいかもしれないけど小説読んでるとよ »

2018年6月24日 (日)

6月24日 M6−8L - ぼんばーのブログ

二回裏、ロッテは無死一、二塁のチャンスを作る。しかしここで清田は送りバントをできなかった挙句セカンドゴロゲッツー。続く田村も三振に倒れこの絶好機で先制とはならなかった。今日はまずここがケチのつけどころだったと思う。
三回表、先に崩れたのは酒居だった。二死一、二塁で四番の山川にレフトへタイムリーを打たれると、続く森にはレフトへスリーランを打たれあっさり撃沈。さらに三回裏には無死満塁の追い上げの絶好機を中村奨吾がサードゴロ、角中がゲッツーで潰す。察しの良いハァンの方々はこの時点でテレビを切ったことだろう。しかしその後マリンで繰り広げられたのは予想もつかぬ火だるま同士の殴り合いであった。
四回裏、井上はフェンス直撃の打球がグラウンドを転々としている間に巨体を揺らして三塁に飛び込みなんとなんとプロ初の三塁打。自他共に認める超鈍足の井上が三塁打を放ったことは相手先発榎田よりチームメイト、さらにハァンの方が動揺したようで、一塁ベンチとライトスタンドの観客があんぐりと口を開ける中井上は続く鈴木大地のセカンドゴロでちゃっかり生還。しかし六回表、酒居はピンチを作ってから迎えた斉藤彰吾に落ち切らないフォークをひっぱたかれてこれにて降板。ところがその裏、先頭の井上がど真ん中の失投を強振するとボールはバックスクリーンに飛び込む九号ソロ。意地でも追いすがるマリーンズだったが、七回表にマウンドに上がった南は二死二塁から外崎、栗山、斎藤に続けざまにタイムリーを打たれ3失点で降板。こういうところが奴が今年勝ちパターンを任せられていない所以なのだろう。だがしかし、試合はこれで終わりではないのだ。
七回裏、ロッテは二死から連続四球を選ぶと、打席に立ったのはこの打席でツーベースを放てばサイクルヒットの井上。期待された井上は二球目、甘く浮いたスライダーを強振すると、なんとなんとボールはセンターはおろかフェンスすらも超えていくスリーランホームラン。ロッテハァンの大歓声に苦笑が交わる中、ダイヤモンドを一周した井上は今日もカメラの前にチョコを腕いっぱいに抱えて登場。結局井上はサイクルヒットをも上回る四打数四安打二本塁打四打点とちょっと気持ち悪い成績を残してしまうのであった。
派手な試合は九回裏、西武新守護神カスティーヨから藤岡がソロを放ち幕を降ろした。なるほどよく追い上げたが、結果的に負けでは得るものは何もない。投打を噛み合わせなければAクラス、そして優勝は見えてこない。今年はここまで借金生活の5位ながら、まだまだ優勝も狙えるゲーム差なだけに、こう言った試合を落とさないこと、それがこの先一番重要なことだ。


ひとこと
何もかも一軍にふさわしくない選手を一軍に据える余裕はない

« 鈴木みのるオカダカズチカ和田京平。観た | トップページ | 細かいかもしれないけど小説読んでるとよ »